LEON福岡 U-15

公式HP

仕組み、、、

DSC_1030
DSC_1031
DSC_1032
DSC_1033

本日のトレーニング。
体調不良&試験休み組も復帰しました。
課題修正や今あるモノを進化させなければいけない。

サッカーはゴールを決めるために自陣から前進して、相手陣地へと侵入しなければならない。
その中で前進のサポートは字のごとく、相手陣地にボールを運び、アタックするために欠かすことができないサポートです。

ボールを持っている選手に、フリーな状態でサポートを行っている味方選手が複数いる場合、さまざまな種類のサポート中でも、前進のサポートをしている選手へボールを渡す優先順位は高くなる。
前進のサポートはチームそれぞれのメソッドや考え方によって定義が変わるが、、、
一般的にはボール保持者のいる位置に対して、ひとつ以上の「ライン」を超えた位置でサポートを行うことをいいます。ラインとは、例えば相手チームのシステムが4―3―3の場合、DF・MF・FWのそれぞれポジションにいる選手を結んだラインであるとイメージしてください。このシステムでは3つのラインがあることになります。

例えば、ボール保持者がセンターバックであるとき、DFラインとMFラインの間、MFラインとFWラインの間、そしてFWラインから相手陣地のゴールラインの間でパスコースを作ります。
つまりDFラインの選手がボールを持っているときは、前進のサポートとなるゾーンが3つあるということです。
相手陣地にボールを持ち込むほどプレーがしにくくなるのは、ゾーンの個数と広さが減少してしまうからです。
前進のサポートを完成させるためには、もうひとつ大切なことがある。
それはサポーターがボールを受けたときに、ダイレクトでボールを前に運ぶことができるポジショニングをとること。
前進のサポートはボールを受け取ることが目的ではなく、ゴールに向かってボールを運ぶこと。
そのため、「パスコースを作るポジショニング」と「ダイレクトで前にボールを運ぶポジショニング」の両方が成立しているスペースを探さなければならない。
2つの条件を満たしたサポートをプレーした選手が、前進のサポートを成功したことになる。
前進のサポートを行った時、相手のプレッシャーが早く前進ができなくなってしまった場合、いくつかの原因が考えられる。
受け手が、ポジショニングをとっている横、または斜め後ろにいる相手との距離が近すぎる。ボールを受けた時の最初のコントロールで、前の空いているスペースを有効活用することができなかった。出し手のパスが弱かったなどが主な原因じゃないかな。
前進のサポートを成功させるために受け手は、角度とスペースを特に意識すること。
角度に関しては、受け手が出し手に対して垂直にボール受けると、ターンが難しくなったり、前線の視野を自然に確保できないので、ボールロストの確率が高くなる。
基本的に受け手はダイアゴナル(斜め)のパスコースを作るように意識してほしい。
角度をつけてパスコースを作ることで、ターンせずに前にボールが運べるようになり、体が開いた状態なので次のプレーをするための視野も広がる。
また、スペースについても気をつけないといけない。受け手は次に突破するラインやラインにいる相手に対して、近すぎても遠すぎてもダメ。
近すぎるとボールを受け取る前に、相手がコントロール後のスペースを消してしまう。
逆に遠すぎた場合、ダイレクトで出したボールがラインを突破する前に相手にコースを切られてしまうからです。
ポジショニングのイメージポイントとしては、「ボールを受ける前までプレッシャーを受けず、コントロールするスペースが確保できる」こと。味方のテクニックや相手チームのレベル、また、ピッチコンディションによって、適切なポジショニングもまた変化します。
大切なのはサポートのポジショニングに正解はなく、毎回の試合で状況を正確に判断して動くことを意識し続けること。
その積み重ねによって、常に適切なサポートの動きができるようになっていく。

難しかったかな??

要は、いかに相手ゴールに襲いかかる回数を増やせるか。
いくらボールを回しても1点にもならないということ。
どのポジションであろうと常にゴールを意識したプレーを心掛けて下さい。

わからない時は遠慮なく聞いてくれ❗️(笑)

Comment

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE